ワキガのレベルと自分でセルフチェックする方法

ワキガは生まれ持った体質です。

普通の汗が出る汗腺は「エクリン汗腺」と言って、透明でサラサラとした水分の汗です。
しかし、ワキガを発生させる汗腺は「アポクリン汗腺」と言い、粘り気があり黄色の液体の汗になります。

このアポクリン汗腺の数が多かったり大きかったりすることでワキガ体質となるのです。
これは遺伝的要素が大きく、片親で50%両親ともだと80%の確率で遺伝すると言われています。

アポクリン汗腺から出る汗や皮脂が皮膚の雑菌によって分解され、独特の臭いとなるのが「ワキガ臭」なのです。

ワキガをセルフチェックする方法

では、自分でワキガかどうかをチェックするには、どうすればいいのでしょうか?

まず、服や下着などの脇の下に黄ばみが出てないかがチェックポイントです。
レベルによってその黄ばみ具合は変わりますが、ワキガでない人は黄ばむことはありません。

また、アポクリン汗腺は脇の下のみならず、耳の中、陰部、乳首周りにも存在します。

ですから、綿棒などで耳掃除をしたときに耳垢が黄色で粘り気があるという場合はワキガということになります。
普通の耳垢は、白でカサカサしています。

次に陰部から独特の臭いを発生させていないか、下着が黄ばんでいないかもポイントになります。

陰部は不要物の排出場所で蒸れやすいことからワキガでなくても臭いはするものですが、臭いがとても強かったり、下着に黄ばみがある場合にはその体質と言えます。

ワキガの対処法は、汗をかいたらふき取る洗い流すなど清潔を心がけることが大切です。

また、刺激物や油系のものを避けること、そして専用のデオドラントクリームで細菌の繁殖を抑えることなども有効な対処法です。

根本的に治療したい場合には手術でアポクリン汗腺を取り除いてしまうことが得策です。手術は症状や希望によって様々な方法があるので、医師との相談のうえ行っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です