ワキガ手術の種類とは?リスクの少ない手術法とは?

ワキガは軽度であれば消臭剤などで対応することもできますが、重度の場合は治療が必要となることもあります。

手術は高い効果を得られますが、手術にも色々な方法がありますので、まずはそれぞれの治療の特徴を確認しておきましょう。

ワキガ手術の種類

まず、「剪除法」と呼ばれる手術では、脇の下を切開してひとつずつ丁寧にアポクリン汗腺を取り除いていきます。

確実にアポクリン汗腺を取り除けるので高い効果が期待できますが、傷が目立つというデメリットがあります。

次に「皮下組織吸引法」は、脇の下に小さな穴を開けてカニューレを挿入して、アポクリン汗腺やエクリン汗腺、皮脂腺などを吸引していく方法です。

体への負担も少なく傷が目立ちにくいのがメリットですが、アポクリン汗腺が残ってしまうリスクもあります。

特殊なシェービング機で臭いのもととなるアポクリン汗腺を取り除いていく「シェービング法」もあり、こちらも傷が小さく、回復が早い特徴があります。

「超音波吸引法」は、脇を少し切開し超音波を発生させ熱で汗腺を破壊し、吸引していきます。
切開部分も小さく傷も目立ちにくい治療ですが、アポクリン汗腺が完全に取り除けず、残ってしまう場合もあるとされています。

皮膚を切らない方法もある

より体への負担の少ない方法では、シワを目立たなくする治療で知られている「ボトックス注射」もあげられます。

比較的軽度のワキガに対応できる治療で、注射をするだけで臭いや汗を抑えられるとされています。
永久的な効果ではありませんので、定期的に施術を繰り返す必要があります。

また、最近は切らずに高い効果が得られるとされる「ミラドライ」も話題の治療方法です。

ミラドライではマイクロ波を照射して臭いや汗のもととなる汗腺を破壊していきます。体に負担の少ない治療ですが、治療後に痛みや腫れが出る可能性もあります。

最後に「電気凝固法」は、もともと脱毛に利用されていた方法で、毛穴に針を刺しアポクリン汗腺と皮脂腺を熱凝固させ破壊する治療です。

永久脱毛の効果も同時に得られるので女性に向いていますが、完全にアポクリン汗腺が破壊できないことがデメリットです。

このようにワキガの手術は様々な方法があるため、病院で担当医としっかり相談して適切な処置を受けることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です