ワキガの臭いが強くなる食べ物・食生活とは?

ワキガがある人は、汗をかいたりするとニオイが気になると思います。

ワキガは、遺伝的なものもあるので、食生活や食べ物だけでは治ることはできませんが、食生活や食べ物を見直すことによって軽減される部分もあります。

食べ物によって気を付けたいのは、ワキガのニオイの元となるアポクリン線を刺激するような食べ物です。
アポクリン腺を刺激するような食べ物は、ワキガのニオイも強くしてしまうので注意が必要です。

ワキガのニオイを強くする食べ物

どんな食品が影響を与えるのかというと、「動物性脂質の多い食品」と「香辛料の刺激の強いもの」です。

動物定脂質の多い食品を具体的にあげてみると、例えば、

  • 肉の脂身や脂っこいもの
  • 揚げ物
  • バターやチーズ
  • ジャンクフード

などになります。

そして、香辛料の刺激の強いものは、スパイスが豊富な激辛料理やキムチ、エスニックなどの料理があります。

ニオイが強いニラやニンニク、たまねぎなどは、ワキガに限らず大量に摂取すると体臭を強めてしまいます。ニンニク臭は、食べた日の朝などに心当たりがある人もいるのではないでしょうか?

動物性脂質の多いものに関しては、食べ過ぎるとワキガの刺激の他、成人病のリスクもあります。
食べたらいけないということではなく、食べ過ぎるとニオイを強くしてしまうので、ほどほどにバランスよくとることが必要です。

ワキガを刺激する食品は摂りすぎると健康にも悪いので、食生活を見直すことによって、ワキガ以外にも体にも健康になることができます。

アポクリン腺を刺激する食品の多くは、肥満の原因を作りやすいものばかりです。肥満になるとストレスも感じやすくなる場合もあり、全てにおいて良いことはありません。

なるべくニオイを抑えるなら、動物性脂質の食事をさけて、ストレスをためずに生活を送ることが必要です。

動物性脂質の代わりに、植物性たんぱく質や魚介などを中心に食べることで、栄養の偏りを防ぐこともできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です