ワキガを改善するための生活習慣

ワキガは、日々の生活習慣に気をつけることによって症状を改善させることができます。

まず、食生活です。においの強いものを食べれば口の中が臭くなるように、食べ物は人の体臭に深く関係しています。

そしてワキガの人の場合、食べるものによって、ワキガの臭いをさらに強くしてしまうのです。

ワキガ臭が強くなる食べ物としては、動物性たんぱく質を多く含むものやニンニクやニラなどの匂いがきついものなどが挙げられます。
そのため、これらの食べ物は出来る限り控えるようにすることが効果的です。

また、糖分が多く含まれた甘いものも臭いをきつくしがちなので、甘いものが好きな場合も注意が必要です。

ワキガを抑える食生活・習慣

高い消臭効果があるとして知られている食べ物は、梅干しやしょうがなどの殺菌作用のあるものや、食物繊維が豊富な緑黄色野菜です。

これらの食べ物は摂取することで体の内側から嫌な臭いを抑える効果があるとされています。

さらに、ワキガの臭いを消すためには毎日の入浴が欠かせませんが、入浴の際はシャワーだけで済ませるのではなく、じっくりと湯船に浸かることが大切です。

シャワーを浴びるだけでも日中にかいた汗や汚れは落とすことができますが、毛穴に詰まった汚れまでは落とすことができません。

ですが湯船にゆっくりと浸かり、汗をかくことで毛穴に詰まった汚れや老廃物などを汗と一緒に体外へ排出することができます。

ストレス解消してリラックスしよう

さらにゆっくりとした入浴は体をリラックスさせる効果もあります。

ワキガの臭いがきつくなる原因として、ストレスなどの精神的な要因も考えられるため、時間のある日はできる限り湯船に浸かって汗をかき、リラックスすることがおすすめです。

また、普段からお酒やタバコを嗜んでいる人も多いかもしれませんが、お酒もタバコもワキガの症状を悪化させる可能性があります。

お酒の場合は、少量であれば問題はありませんが、本気でワキガの症状を改善したい場合は過度の飲酒やタバコは控えることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です