入浴でワキガをケアするコツ

ワキガには強い体質とそうでないものがあるので、最終的にはどちらであるかを見極めて対応する必要があることは言うまでもありません。

強い体質であれば、専門家に相談して手立てを尽くしてもらわないと一生悩みを抱えたまま過ごすことになるので、それは忘れてはならない一番大切なことになります。

ただし、多くの場合は、少しだけ手入れを心がけるだけで成果があるので、まずはそのことを着実に実施することがおすすめになります。

入浴でワキガをケアする

まず大切なのは、入浴時に脇をきちんと洗い流すことです。

ワキは、アカや雑菌が貯まりやすく毛髪があるため、処理したとしても余計なものがこびり付いていることもあるからです。

普通は身体を洗う石鹸とかボディーシャンプーで丁寧に洗えばいいのですが、ワキガを意識して洗うとなると少しだけ洗い方に配慮を加えると効果が断然違います。

まず一つは、昔からのやり方ですが、ミョウバンの力を借りる方法です。

おばあちゃんの知恵などでお馴染みなので、知っている人も多いのですが、臭いを取るということでは思わぬ効果があることがあります。

まずはミョウバンをわきの下にすり込んで、丁寧に洗い落とすことが初歩的な方法としてお試しするのが第一歩になります。

次に、シャンプーの効果を利用する方法です。

普通は石鹸かボディシャンプーを使います。脂分や汚れを落とすために必要以上に影響がある材料を使うと、皮膚に余計な負担がかかり、傷つける結果になるからです。

だから、身体を洗う場合に髪の毛用のシャンプーを使う人はほとんどいないはずです。

しかし、必要なときにはやってみることも大事であり、それがワキガ対策としてのシャンプー活用法です。
油落としに必要なものですが、ワキの雑菌・アカなどを洗い落とすにはもってこいだからです。

注意点は、使い終わった後にきれいに流しきることです。そして、効果が認められないときは冒頭で述べた通り、専門家に相談しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です