ワキガと汗臭いの違いとは?

ワキガと単なる汗臭いとは、明確な違いがあります。それは、発生源の違いです。

どちらも他人に不快感を与えることには代わりありませんが、ワキガのほうがより深刻といえます。

汗臭いだけならば、常に清潔にしたり、発汗を適度に抑えることで対処可能です。

臭いの原因となる老廃物を毛穴から排出するため、シャワーだけでなく湯船につかることも有用な方法です。

しかし、ワキガはこうした対策が必ずしも有効とはなりません。
それは、臭いのもとが毛穴ではなく、ワキの下にある汗腺から出るものだからです。

このような状況に陥れば、たとえこまめに風呂に入っていたとしても、絶えず臭いに悩まされることになります。
本人がなかなか気づかないこともありますから、事態はより深刻です。

ワキガは手術するしか方法がない?

根本的な改善法としては、外科施術により原因となる汗腺を除去することがあげられます。

以前はメスで切り開くような手術が主流でしたが、現在では外傷は最小限度で済むようになりました。

片方ずつ行えば、日帰りで治療を受けることもできますので、臭いに悩む人が連日医師のもとを訪れています。
外科的な対処を講じる必要があるのも、一般の汗臭いこととの大きな差異です。

とはいえ、ワキガであれば必ずしも、除去施術を受けなければいけないということはありません。

まずはきちんとカウンセリングを受けて、もっともふさわしいアプローチを選択することになります。

ワキの汗腺から来る臭いであっても、皮膚の常在菌と交わらなければ、発生することはありません。

そのため、低度であれば、対処療法だけでも一定の効果が見込めます。もちろん、汗腺を取ってしまうのが、根治への近道であることは言うまでもありません。

耳掃除をしているとき、綿棒に水飴状の耳垢が付着していると、ワキガのリスクが高まっている状態です。
専門のクリニックのカウンセリングなども活用して、臭いを抑えていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です